fc2ブログ

エアコン取付Ⅱ 三菱ビーバーエアコン

三菱ビーバーエアコンを、10畳間に取り付けます。

室内ユニットが大きいので、取り付けは容易でありません。
すでに開いている配管穴に合わせるのが難しい。
据付板は幅が短く、他メーカーに比べて配管穴の寸法出しが面倒です。

据付条件の距離を何とかクリア。穴の位置は若干の修正が必要です。
据付板の位置に時間を要しましたが、後は容易いです。

据付板

室内ユニットに、VVF単線2.0mmを接続した後、据付板にはめ込みます。
「ジャーン付きました!」 「やっぱデカくないですかこれ?」

ビーバーエアコン

次は室外ユニットです。これも据付スペースに条件があります。
直射日光が当たらなく風通しの良い場所で、後壁から80mm以上、
吹出前方は180mm以上空間があることとなってます。

2階ベランダなので、条件を満たすのは無理。
室外ユニットも標準より大きいのでなおさらのことです。
ショートサーキットが起こり得るかもしれませんが、設置します。

室外ユニット

室外ユニットを設置したら、排管を接続します。

ここでの注意点、親友Kさんからのアドバイスで常に守っていることがあるんですよ!

それは配管を接続する時のレンチの使い方であって、
必ず2本使ってフレアナットを緩めることなんです。

フレアナット外し

レンチ1本だけでは、バルブ固定部を破損させる場合があり痛い目に合います。
移設ではなおの事。古くなると固着してますからね。

また、これはKさんの冗談と思いますが、
フレアナットを閉める時、フレア接合部に付ける油が無い時は鼻の脂を付けるそうです。
「いや~参ったね」

接続で特に注意しなければいけない事、
・ナットは指で閉まるところまで閉めてから工具を使う。
・ゴミや砂が付いてないか必ず確認する。
・力まかせに締め付けない。
ガス漏れの原因になるのは大抵これをいい加減にした時ですね。

用意出来るならば、トルクレンチを使った方が安心です。
17mm 1/4インチ(2分)と22mm 3/8インチ(3分)を使います。

トルクレンチ


真空引きする際に、自作のポンプと電動ポンプを比較してみます。

自作真空ポンプは7回の動作で-0.1MPaになります。早いですが腕力が必要です。
さらに数回ポンプを押したり引いたり針が振り切れるまでやるので疲れます。

自作ポンプ使用

30分ほどこのままにしてましたが、変化は無いようです。

次は、電動ポンプを使い真空引きします。これからが本取付です。
真空引きの時間は15分間。やはり電動は楽です。

ゲージマニホールドの連成計が-0.1MPaになっていることを確認後、
マニホールドのLoハンドルを全閉して真空ポンプを停止。(この順序が逆だとオイルが逆流します)
5分間そのままの状態にして連成計の針が戻らないことをチェックします。
真空引きの前に、バルブのフレアナットはゆるめています。

真空引き

真空引き

サービスポートに接続しているバルブを閉じて、液側のバルブを90°開いて5秒で閉じます。
ガス漏れの確認です。
リークフォーマーというエアゾールタイプの発砲液で検査します。
これ使ってもあまり良くわかりませんが、念のためです。

ガス漏れチェック

異常は無いようなので次に進みます。

サービスバルブ

液側、ガス側のバルブを全開にし、サービスポートよりチャージホースを外します。
この時、どうしてもガスがほんの少しシュッと出ます。片手で外すとそうなります。
片方の指で、気持ち押してる感じで保持しながらネジを緩めるとほとんど漏れません。
チャージホースを外すのが得意でないならば、液側のバルブを全開にする前に
少し開いた状態の時にチャージホースを外すと慌てることはないかもしれません。
配管内にガスを出す前にチャージホースを外すと、逆に空気が入るので宜しくありません。
フレアナットを確実に閉めて真空引きは終了です。

何度やっても、エアコン設置は神経を使う工事です。
手抜きが得意な人は、DIYでエアコン工事はやらないがいいと思います。
ガス漏れ起こしますよ~。

新品はやっぱりいいですね、良く冷えますよ。 

「いや~満足です」
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

モトヨシ

Author:モトヨシ
12.07生 O型

ようこそ
ご訪問ありがとうございます。

Do It Yourself、ものを修理したり作るのは楽しいことです。
さらに、プチ改造などやってると、ワクワクします。
 最後までやり遂げたとき、
想い描いた結果に 「いや~ 満足です」。
笑顔と、さらなる満足を求めてDIYは進化します。

このブログは、私の車弄りや家電品取付等をメインに載せました。
どうぞ、ゆっくり眺めていって下さい。

DIYに挑戦されている方をこれからも応援致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Graphical Clock デジタル
Graphical Clock
ioi.toot
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR